2007年07月31日

住居のチェックポイント

新たな引越し先を決めるとき、実際に下見をしないで決める人はまずいないと思います。アパートやマンションも、個人の生活空間はワンフロアですので、広義の平屋の間取りといえるでしょう。間取りを含めて、引越しの際の住居のチェックポイントについてご紹介します。

今は、住宅を決める際、インターネットである程度の情報を検索できます。物件情報のなかには、大抵間取り図が掲載されています。それが、かなり有力になることは間違いありません。また、実際に建物内外の写真があるとイメージをつかみやすいです。

しかし、それだけではわからないことがあるのです。それは些細なことですが、大変重要なことです。
住宅の間取り図は、通常平面図なのです。つまり、上から見た状況しか分かりません。間取り図には全体像が記載されていますし、ドアの仕様もどんなものかわかります。それでも、現物を見ないとわからないこともあるのです。

たとえば、コンセントの位置です。これは家具の設置を決めるためのポイントになります。また、インターホンや温水器のスイッチの高さも課題になります。

中途半端な高さにあった場合、その場所に置く家具に制限がでてきてしまいます。子どもの手が届くようにと配慮されてのことだとは思いますが、逆にせっかく予定していた家具が置けない場合もでてきてしまいます。

特に、古い平屋の家屋などの場合には、各部屋のコンセントの数や位置も、自分の目で確認することが大切です。

また、窓の高さは家によってまちまちですので、カーテン選びが大変です。窓の幅はだいたい決まっていますし、カーテンの幅が多少広くてもなんとかごまかすことができます。

しかし、カーテンの長さは、そう簡単にごまかすことができないのです。平屋やアパートの1階に住む場合などは、外から家の中が丸見えになるのでカーテンは重要です。

私は、よく引越しのたびにカーテンの裾を上げ下げしてきました。裾が長すぎる場合、引越しが落ち着くまでは安全ピンで留めておくのです。引越しのたびに新しいカーテンを買っていたのでは費用も大変です。できるなら使いまわしをしたいものですよね。

posted by 平屋 間取り at 02:03| 平屋 間取り